離婚して一人で住むためのマンション

私が子供のころは、借家に住んでいました。見た目は凄くおんぼろな家でした。 私は中学生の時に友人になった人に恥ずかしくて家に呼ぶことができませんでした。 私は中学2年生になり団地に越しました。今ではその団地に兄が一人暮らししています。 父が亡くなってから独身のまま兄は一人で暮らしているんです。 私は今の旦那と離婚をしたいと考えています。結婚したときから2世帯住宅で住んで来ましたが、同居する旦那の父が亡くなり旦那の母と旦那が一緒にご飯を食べています。 私は息子と3階にあるキッチンでご飯を食べています。家庭内別居が長いです。 でもいつか息子も結婚して家をでます。その後に私は離婚して自分だけで賃貸マンションに越したいのです。私はうつ病で10年以上メンタルクリニックに通っていますので、 もしも預金がなくなれば、生活保護の対象になると福祉事務所の人は教えてくれました。 その福祉事務所の人に相談に行ったときは、68000円の物件を探してみてくださいと言われて、不動産会社を4件ほど見に行ったことがありました。 でも団地の家賃と比べてしまうと凄く賃貸マンションは高いなというイメージがあります。 そんなに遠くない未来に1人でマンションに住むと思います。

LINK

日本ソフトウェアデザイン株式会社です
不動産担保の融資をするリュウプランニングです
家具通販で一番人気のエンジョイホーム
グッジョブナビなら期間工の求人です
貸事務所を大阪で借りるなら|ビルナビ

 

建売分譲一戸建て住宅のメリットとデメリット

通常家を建てる際は土地探しから始まりどういった家を建てるかを検討していく事になりますが、そうではなくすでに完成された土地付きの建売一戸建て住宅は基本的に購入価格が安い傾向にあります。整備によって開拓さ…

注文住宅にする際の想像力

私が現在住んでいる家はそれまでの家を壊し、建て替えたものです。セミオーダーと呼ばれる注文住宅のタイプだったのですが今考えるともっと緻密に間取りなどの設計を考慮しておけば良かったと公開しています。敷地面…

間取りで気をつけたいポイント

住まいの物件を見に行ったときに、部屋の広さや水回りの使い勝手など、大きなところはチェックしやすいですが、合わせて収納スペースと廊下も見るようにしましょう。 収納スペースは、家具が何も置かれていないと、結構スペースがあるように思いますが、実際に家具を置いてみると、それまで使っていたものが入りきらない場合もあります。特に、収納スペースは、掃除機など日々使うものを入れておいたり、スキーやスノーボードなど特定の季節しか使わないもの、ゴルフバッグやスーツケースのように結構スペースを取るものなど、自分の生活に合ったさまざまなものが置けるくらい方が良いでしょう。どれくらいの荷物を自分が持っていて、それが物件の収納スペースに収まりそうか、頭の中で確認してみてください。入らないとなると、必然的に部屋のどこかに置かざるを得なくなるので、部屋が狭くなってしまうことも考慮しましょう。 また、廊下ははっきりいって無駄なスペースです。モノを置くわけにもいかないので、長ければ長いほど、住まいの全面積に占める無駄な割合が多くなると考えましょう。廊下はできるだけ短いか占有するスペースが小さい方が、他の使えるスペースが増えるわけなので、そのあたりも意識しておきましょう。